基礎体温グラフ

妊娠したいなら大事な基礎体温グラフ

結婚したら、普通に妊娠するものだと思っている方は多いのではないでしょうか。

 

日本人は家でも外でも、そういった話をなかなかしないものです。

 

確かに自然に妊娠する方もいますが、全然妊娠中に結びつかない方や、今すぐ妊娠したいというひとは、基礎体温グラフをつけることが、第一歩です。

 

基礎体温グラフとは、朝起きて1番に測る体温の、毎日のグラフの事です。

 

朝起きて、寝返りもせず、布団から出ずに舌下で細かい温度まで測るのです。

 

基礎体温を測るための普通の脇の下で測るものとは違う基礎体温計というものがあります。

 

体温を一カ月分保存してくれる体温計もあったり、便利になっていますが、毎日測り、自分で体温を記入して、紙にグラフを書くだけです。

 

何故これが必要かというと、体温を測る事によって、排卵日が分かってしまうのです。

 

きちんと排卵し、受精しなかった場合は生理となって卵子は外へ出て行きますが、これが規則正しくなされていると、毎月基礎体温グラフは同じ線を描きます。

 

排卵する前にガクッと下がり、そして、高温になります。

 

妊娠すると高温になったまま下がらず、しないと体温が下がり、生理がきます。

 

正しく排卵できている人は、高温の時期と低音の時期のだいたい二層のグラフになります。

 

しかし女性の体はデリケートで、ストレスによって排卵しなかったり、病気で排卵しなかったり、生理が遅れたりと精神面でだいぶ左右されてしまいます。

 

これを見極めるのにも大切なので、妊娠したいのならまず、基礎体温グラフをつけて、自分の身体のことをよく知る必要があるのです。

 

また、病院にかかるときも、少なくとも一カ月分の基礎体温グラフをみながら先生とはなしをすれば、事はスムーズに進みます。

 

またすぐに妊娠した事にも気付けるので、身体に負担をかけないよう気をつけたり、初期に服用すると良いとされている葉酸サプリを飲むきっかけとなったりと、いい事尽くめです。

 

太りやすい時期や、イライラしやすい時などという事もわかり、生活もしやすくなるので、生理が始まったらグラフをつける事を習慣にするのもいいでしょう。

 

【こちらも読まれています】
おすすめの葉酸サプリメントはこちら